カテゴリ: 食べ物

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

これは、2度目の休息日アルメリアで泊まった時に、一人で2度夕食を食べに行ったところです。
最初食べに行った時は、ピンチョ(串焼き)とビールのみで3ユーロ(450円)でした。

これは、2度目に食べに行った時の写真です。
小皿一品1,5ユーロ(225円)だったと思います。
メニューは、パタタ(ポテト)とカルネ・コン・トマテ(肉のトマト煮込み)にピンチョです。

ポテトには、サワークリームが乗っていて美味しかったです。
ピンチョも味付けされていて、パンと挟んで食べるちょうどいい味付けなんですよ。

このお店はちょっと辺鄙な場所にあるんですが、かなり流行っていました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

8日の夜にヘルメットメーカーCatlikeの夕食会があり、行ってきました。昨年もあったプレス対象の夕食会なのですが、公に発表されていないのでどこでやっているのか分からないんですよね。

今年もスペイン紙のエルパイスとカタルーニャ紙のジャーナリストに連れて行ってもらいました。昨年に比べて来ていた関係者より多く、全部で60人くらい来ていました。元選手で今はテレビコメンテーターをしているデルガドやエスカルティンも来ていました。

食事はこまごまとしたものが次から次に出てきて、「チホはまた写真撮るんでしょ。ほらほら」と気を使ってくれ、一皿一皿でるたびに写真を撮りなと言ってくれ、気兼ねなく写真が撮れました。ただ暗かったので、うまく撮れなかったんですけどね。残念。

最初はピスト(写真1:野菜が入ったトマト煮込み。冷たかったです)、次にレグエルト(ポテトを潰したもの)、ミガス(パンとレーズン)、エブエルト(卵料理)、ボガバンテス(ピーマンでまかれた魚のコロッケみたいな感じのもの)、マンゴージュース、ソロミヨ(写真2:メイン料理でお肉)、それとデザート(写真3)です。

みんなは自転車話で盛り上がってました。スペイン語なので私はよく分からなかったのですが、なんとか理解しようと耳をダンボにして聞いていました。時々、気を使ってフランス語で話してくれたりもしました。私の横は、TVEのニュース映像用のカメラマンで、斜め向かいにはTVEでデルガドと一緒にブエルタのコメンテーターをしているカルロスさんがいました。ちなみに、女性は4人くらいしかいませんでした。賑やかな夕食会だったので楽しく過ごせました。

最後には恒例のカテライク商品もプレゼントしていただきました。サングラスとソックスです。こちらは募金、またはTシャツ購入していただいた方に差し上げます!

パーティーは9時半から始まりお開きになったのは1時過ぎ。ホテルに着いたら1時半でした。お腹満腹でベットでバタンキュー状態です。あぁ、2連泊だから洗濯しようと思ったのに・・・

写真4はプレゼントの箱入りサングラスとソックス。写真5はデルガド、写真6はカテライクの社長です。

■くりらじPodcastブエルタのページ
http://www.c-radio.net/link/vuelta.html

イメージ 1

イメージ 2

ネット環境がホテルにない場合が多く、プレスセンターでブログ記事をまとめてUPするのですが、このYahooブログ一度UPしたら次がなかなかUPできないんですよね。5分や10分後くらいならまだ許せるけど、かなりの時間またないと続けてUPができない!

システムやセキュリティーのためなのか、よく分かりませんがすごく不便です。もしYahooの方見てたら、改善してください。

UPしようと思ってもブログに繋がらなくてなかなかできない食事の写真です。

一つ目の写真は、第6ステージ終了後のレオンのカフェバーみたいなところで食べた「ささみと目玉焼きとサラダ」これで6ユーロ(900円くらい)です。この後チームがケスデパーニュ・イリュスバレアレスに貢物を持っていったのですが、ちょうどスタッフがご飯中で一緒に夕食どう?と誘われたんだけど、残念ながらもうお腹いっぱいで・・・。かえるの脚のフライだけ、いただきました。骨が多い鶏肉みたいです。

2つめの写真は、スペインのマクドナルド。
このセット(ハンバーガー、サラダ(かポテト)、飲み物)で、5,3ユーロでした。かなり量があるし、飲み物もLサイズじゃないの!って感じです。これより大きいサイズもありました。
味の方は日本と変わらないと思います。

■くりらじPodcastブエルタのページ
http://www.c-radio.net/link/vuelta.html

イメージ 1

29日からフランスのスポーツ紙"レキップ"のジャーナリストをしている友達のバーバラがブエルタに合流したので、彼女のホテルの部屋に泊めてもらいました。晩ご飯も彼女と一緒に食べ、メニューもこの日は、サラダを頼んだら薄切りになったシーチキンがでてきて、かなり"当たり"の食事でした。久々に誰かと一緒の夕食だったので、食事も美味しかったです!残念ながら、写真はコンパクトデジカメが壊れてしまったので撮れず。

翌日もバーバラのホテルを期待していたのですが、一緒に同行している"レキップ"の人たちが"レキップ"の規定で車の保険上、関係者以外車乗せられないと言うので、バーバラが同じホテルに宿泊していたイタリアのスポーツ紙"ガゼッタ"の人に話をつけてくれ、翌日かなり離れたスタート地点までなんとか行くことができました。

スタート地点からは、アスタナのプレス担当をしているハシントに頼み、ゴールのプレスセンターへ直行しました。

今夜(30日)のホテルは、スペインの女性ジャーナリストのニエベスのホテルリストをもらっていたので、昨日バーバラのホテルに泊まれないと分かり、急遽電話して取れたところで、ニエベスにホテルまで連れて行ってもらおうと思ったら、「今日ホテル変わっちゃって、そこには行かないのよ」と言われ、がび~ん!

なんとか、ホテルのあるサモラの町に行くプレスの人の車を見つけて、第6ステージスタート地点のサモラまで連れて行ってもらいました。これが、結構距離があって乗りはぐれなくて良かった~と一安心。

しかし!着いたホテルは4つ星でネットからの予約なら安くなったりするのですが、直接電話での予約だったのでビックリするような値段で驚いちゃいました。昨日バーバラと一緒のホテルで1泊分浮いた!と内心喜んでいた私だったんですが、この1泊でちゃらになりそうです。

スペインのホテルはフランスに比べれば、アメニティーグッズも揃っているし、サービスもしっかりしているので、日本と似たような感じです。

ポッドキャストで皆様から、「少しでも夕食代に!」と募金をいただいているので、本日もちゃんと夕食を食べました。ホテルの人に、この辺でスペイン料理食べられる所は?と聞いたら、いくつか教えてくれたのですがどこも少々遠かったので、この下のレストランもいいよと言う事でそこで食べました。

冷たいスープのガスパッチョとスペインに来ているんだから、スペインで有名なイベリコ豚にチャレンジしました。メニューにはイベリコなんちゃら。

最初にテリーヌが出てきたので、これがイベリコなんちゃらだったのか!とちょっとがっくり。トーストと食べると意外と美味しかったんですけどね。次にでてきたガスパッチョは、冷たくて美味しく疲れた胃に染みました。じっくり2皿を味わって終わりだ~と思ったら、ド~ンと写真の一皿が!

これがもしや、イベリコなんちゃら??

またやっちゃいました。こんなの食べきれないってぇぇ。旅にハプニングはつき物ですが、こういうビックリな食事はもういい~かも。次は無難にサラダを頼もう!と心に決める私です。

お味の方はやはりイベリコ豚なだけあり、脂もとろけるようで、5種類くらい違った味のハムでした。
日本で食べたら、この値段の倍くらいはするんだろうな?もったいないので、半分はちゃんと食べましたよ。ちょっと胃が重い…

■くりらじPodcastブエルタのページ
http://www.c-radio.net/link/vuelta.html

イメージ 1

イメージ 2

ポッドキャストをお聞きの方々から、ちゃんとご飯は食べているのだろうか?と心配されているようなので、夕食の写真UPします。

第1ステージのあと、ブラブラ歩いていたお店でみつけて食べたのがこれです。
「フラメンキ」と言うそうです。肉にハム、チーズ巻きってかんじでしょうか?意外と美味しかったですよ。お水とこれで8ユーロちょっとだったかな?1200円くらいです。

昨日第3ステージでホテルのレストランで食べたんですが、メニューが分からなくて出てきたのがこれ!ギョッ!揚げ物オンパレードですよ。ビックリした~。お水とこれで10ユーロ足らずだったので、1500円くらいです。

さすがに胃が重くなりそうなので最後まで食べ切れなかったけれど、イカはやわらかくて美味しかったので全部食べました。

メニューが読めないので、何が出てくるか分からない所も旅の良いところ。今晩は、ちゃんと美味しい食事に当たるかな?美味しいフルーツが食べたいなっ!

あと、ホテルは意外と4つ星とかいい所に泊まっております。だからバスタブ付きなんです。もちろん予算は1万円以下でなるべく抑えるようにしています。交通手段があれば、もうちょと安いホテルにも泊まれるのですが、できるだけ移動を頼みやすいチームと一緒のホテルとなると、こんな感じなんですよね。どうにかして、宿代を安く上げられないかな?

↑このページのトップヘ